東北女子大学

「これからの教育を考える映画上映会」を開催しました

「これからの教育を考える映画上映会」
(上映およびグループディスカッション)
9月28日(土)13:30~16:30
主催:地域資源活用研究センター(企画:本山敬祐・児童学科)
共催:FutureEdu Tokyo

「これからの教育を考える映画上映会」と題して映画「Most Likely to Succeed」の上映および参加者によるグループディスカッションを行いました。青森県内では2回目の上映ということで、当日は本学の学生や教員に加え、高校生、現職教員、教育行政関係者、大学教員など多様な方にご参加いただきました。

上映後のグループディスカッションでは、映画の感想を踏まえて2030年代を生きる子どもたちに求められるスキルは何かを中心に議論し、各グループのまとめを全体で共有しました。
本作について「今の日本や今まで自分が受けてきた教育とは全く違うことがたくさん詰まっていて、とても興味がわいた」といった感想をいただきました。

上映会全体を通じて、「創造性や生き抜く力の育成」や「総合的な学習(探究)の時間の活用」、「生徒の自由な発想を大事にし、見守る姿勢」について今後より深く検討するきっかけにもなったようです。

本学では「Most Likely to Succeed」の上映についてライセンス契約をしており、本学で参加費無料の上映会が開催可能です。上映会の開催直後からもう一度観たいというお声もいただいており、今後ますます地域の教育に貢献できるよう上映会の継続的な実施を検討しております。団体でのお申し込みなど様々な形での実施が考えられますので、ご関心のある方は是非ご連絡ください。

◆お問い合わせ先
本山 敬祐(児童学科講師)
motoyama@tojo.ac.jp
(代)0172-33-2289

Return Top