東北女子大学

コロナに負けるな! 緊急就職ガイダンス開催(3年生)

文部科学省と厚生労働省により、来春大学等卒業予定者の10月1日現在の就職内定状況が調査され、11月17日に公表されました。

それによりますと、就職内定率は前年度同期より7.0ポイント低下の69.8%とされ、新型コロナウイルスの感染拡大が大学生の就職活動を直撃した様子を伝えています。

これを受け11月19日、コロナ禍の影響は3年生以下の学年にも及ぶことが予想されるため、各学年に対して緊急就職ガイダンスを開催しました。社会の現状や本学の現4年生の状況を伝え、これからの就職活動について一人ひとりが考える時間を設けました。

学生に対しては今後も状況の変化に対応し、細やかに情報を伝えてまいります。

緊急就職ガイダンスの様子

現4年生の就職は、管理栄養士系、小学校、幼稚園・保育士等の職域で、順調に推移しています。

難関を突破して青森県の小学校教諭に6名、特別支援学校(小)1名(全国では述べ14名)が合格、公立保育士へも受験者全員が合格するなど、コロナの影響を受けずに嬉しいニュースが飛び込んできています。

県内の幼稚園・保育士系は、これから採用活動が活発になりますが、学生と大学が一丸となって就職活動に立ち向かいます。

Return Top