東北女子大学

「学生団体シンポジウム ~6大学と学生1万人が弘前をつくる~」が開催されました。

よりよい「まちづくり」に貢献

令和元年12月1日(日)に土手町コミュニティーパークで「学生団体シンポジウム~6大学と学生1万人が弘前をつくる~」が開催され、当校の邦楽部がオープニングパフォーマンスとして三味線演奏を披露しました。

このシンポジウムは市内の6つの大学・短大が共同で運営する「大学コンソーシアム学都ひろさき」と弘前市が共催(NPO法人 SEEDS NETWORKも協力)したイベントで、各校に属する様々な団体の活動を市民の方へとアピールすることによって、「学生の力で地域を盛り上げる」ために開催されたものです。

当校に通う学生は、講義や実習の他にも学外の様々な場所でサークル活動等を行うことで、自分たちの成長につなげることはもちろん、地域の方々との交流を深め、自分たちの住む街を盛り上げることについても積極的に取り組んでいます。

東北女子大学ではこのほかにも様々な団体が学外で活動を行い、
よりよいまちづくりに貢献しています。


開催概要

日程:2019年12月1日(日) 13:00~16:00

主催:大学コンソーシアム学都ひろさき
(弘前大学,弘前学院大学,東北女子大学,東北女子短期大学,弘前医療福祉大学,放送大学青森学習センター)

共催:弘前市
協力:NPO法人 SEEDS NETWORK

※シンポジウムのポスター画像はこちら

Return Top