健康栄養学科

 「健康栄養学科」では、からだのしくみとその調節、栄養・運動・休養のバランスとからだのリズム、環境と健康、さらに社会に調和する上で重要な心の健康と栄養などについて学び、健康問題と食育に貢献できる管理栄養士と栄養教諭の人材育成を目指します。
 また、将来を担う中学生・高校生に的確な食教育などを直接指導できる家庭科教員の養成も行います。

こんな方にオススメ

取得可能な免許と資格

カリキュラムと学びの環境

授業紹介

臨床栄養管理学

 カルテや検査値から患者様の病態や栄養状態を適切に評価し、効果的な栄養ケアプランを立案・実施するための理論と実際を学習します。また、臨床の第一線で活躍している管理栄養士からチーム医療や臨床栄養管理の実践例も学びます。

給食経営管理実習

 病院給食、福祉施設などの給食の理解を深めるために大量調理(100食)の実習を行います。栄養・食事計画、大量調理の方法と技術、衛生管理、原価管理など給食提供の総合的マネジメントを学びます。喫食者の意見を取り入れた健康食を修得します。

家庭科教育法Ⅲ

 2年次で学んだ家庭科教育法の内容を土台に、授業づくりに必要な授業構成力と教材開発力、授業即興的判断力を身につけます。また、社会の変化に対応出来る専門職としての知識や技術、実践的指導方法を学びます。

教員Message

学部長・健康栄養学科長
加藤 秀夫 教授

 食の宝庫である青森県など東北地区は、なぜか健康寿命が長くありません。この健康課題を解明するのが健康栄養学科の教員と学生の任務です。東北女子大学の栄養学的な特色と専門性は時間栄養学です。食生活、運動、休養(睡眠)が健康づくりの三本柱でしたが、これからは体調を整える体内時計を中心に、いつ何をどのようにして食べるか、いつ運動をすればよいかを知り、早寝と質のよい睡眠で新しい健康づくりに努めることです。皆さんは健康栄養学を学習するだけでなく、健康づくりを実践できる青森県の星になってください。

西田 由香 教授

テレビCMでは「これ1つで1日分の○○を摂取できる!」などの謳い文句で手軽な健康食品やサプリメントがもてはやされています。しかし、本来の「食」は、食材の組み合わせや味付けのバリエーションを楽しむものです。「いつ・何を・どのくらい食べればよいのか?」正しい食の知識と食べる楽しさを伝えられる管理栄養士を目標に、一緒に頑張りましょう。

前田 朝美 講師

食べることは毎日何気なく繰り返されていますが、将来の健康づくりや病気の予防・回復に大きく影響します。管理栄養士は、食支援によって多くの方の健康を実現する生活に密着した仕事です。本学科では教員間の連携を密に、基礎から応用まで各分野の繋がりを大切にし、実践的な教育を目指しています。ぜひ一緒に、管理栄養士を目指しましょう。

進路情報

大学ホームページでも、健康栄養学科についてご紹介しています!

大学ホームページ