先輩の声

青森県に貢献できる管理栄養士を目指して

健康栄養学科 2015年入学

一戸 和歌奈 さん(五所川原第一高等学校出身)

私が生まれ育った青森は、豊富な食材に恵まれています。
それらの食材をいつ、どのように食べるか、それが私たちの体にどのような影響を与えるのか、それらについての知識を深めることで、「短命県・青森」を返上できると私は考えています。
故郷である青森県に恩返しをするため、「もっと知りたい」という気持ちを力にして、日々、勉強に励んでいます。

やりたいことはできるうちにやる

健康栄養学科 2016年入学

木村 亜衣 さん(青森西高等学校出身)

私は管理栄養士だけではなく栄養教諭の勉強もしていて、さらに自分をスキルアップするためクラブ活動にも積極的に取り組んでいます。思い通りにいかないこともたくさんありますがやりたいことは今のうちにやり、なりたい自分に近づけるよう日々頑張っています。
この大学では行事がたくさんあって、他の学生との仲を深める機会が多く、一緒に取り組むことがとても楽しいです。
この大学でやりたいことをぜひ見つけてみてください。

夢実現のために自分を高めていける毎日を

児童学科 2014年入学

吉岡 響子 さん(本荘高等学校出身)

私は4年間寮生活をしています。
寮内では他学年・他学科の人たちと身近に交流することができるので勉強や不安なことを先輩から聞くことができ、また友達の輪も広がるので、毎日がとっても楽しいです。
学内でも学習や行事を通して学生と深くかかわることができたり、様々な専門の先生に気軽に相談することができ、自分の夢実現のサポートをしてくれたりなど充実した大学生活が送れます。
皆さん、東女でHappy lifeを送りましょう!

出会えた先生方に感謝して・・・

児童学科 2014年入学

田澤 ちあき さん(弘前実業高等学校出身)

私がこれまで出会ってきた先生方はとても熱心で信頼できる先生ばかりでした。
特に私が幼い頃、楽しんで学べるように人形を使いながら一生懸命、先生が接してくれたことがきっかけで、保育士という職業に憧れを抱き、私の夢になりました。
保育士は子どもが初めて出会う先生になります。東北女子大学での学びを通じ、保育士という夢を叶えるために、私も影響力のある保育士になりたいです。