東北女子大学

小学校教諭

 小学校は、これからの長い人生において、最も大切な『生きる力』を育むという人間形成の基礎となる場です。みんなと仲良くなり、いろんな友達ができ、新しい発見があり、たくさん学んで、みんなと遊べる、そして何でも話せる先生がいる、これが学校です。毎日の学校生活では、基礎的な「知識」や「技能」、課題を解決するために必要な「思考力」「判断力」「表現力」、さらに進んで学習に取り組む「意欲」「態度」を養うことが目標とされています。その目標を達成するために教師は様々な専門的知識と実践力を身につける必要があります。

小学校教職課程での学び

 4年次の教育実習をはさんで学校教育体験実習Ⅰ・Ⅱが実施されています。学校教育体験実習Ⅰでは、指導教諭の補助として教育実践に参加しながら、教育実習に備えます。学校教育体験実習Ⅱでは、教育実習での配属学校を離れて小学校教諭の職務の全体を体験的に学びます。5月から12月にわたる実習により、大学での理論的な学習と現場での体験を統合し、教育者としての資質を向上させることができます。

小学校教諭としての活躍

 青森県の教員採用試験に現役合格を輩出しており、過年度の卒業生も合格しています。児童学科の約半数の学生が、小学校教諭を目指しています。特に、教員採用試験の一次試験が免除になる大学推薦特別枠を関東圏等の自治体から頂いており、毎年多くの学生が教員として採用されています。この中には、出身または大学所在の都道府県を第一希望とし、第二希望を大学推薦枠として頂いている県で受験できる制度もあります。

Return Top