東北女子大学

幼稚園教諭

 幼稚園では、遊びや様々な体験活動を通して「基本的な生活習慣」並びに「豊かな感性」や「創造性」を養い、心と身体の調和的で健やかな発達を目指します。音楽表現や造形表現などの他に、保育や育児などに関連して、乳幼児に関する知識や技術も身につけ、様々な状況に瞬時に対応できる能力が必要です。

幼稚園教職課程での学び

 就学前の子どもの発達と教育(保育)を捉え、小学校教育との接続を意識した教育内容から考える視点を養います。講義形式の授業だけではなく、演習・実習形式の授業、学外での実習やボランティアなどを通して実践的技術を身につけながら、自ら学び幼児教育者としての資質を高めます。

幼稚園教諭としての活躍

 乳幼児期から児童期までの幅広い子どもを理解し、また子どもの保護者に対する支援や地域の子育て、家庭に対する支援など、子どもを取り巻く社会・文化全体に目を向けさせることのできる幼稚園教諭が求められています。4年間の学びで、高い専門性と豊かな人間性、社会人基礎力(コミュニケーション力、思考力、行動力)を身につけ、現場から高い評価を得て活躍しています。

Return Top