東北女子大学

健康栄養学科


地域に貢献できる「健康づくりの専門家」を育てます

からだのしくみとその調節、栄養・運動・休養のバランスとからだのリズム、環境と健康、さらに社会に調和する上で重要な心の健康と栄養等について学び、健康問題と食育に貢献できる管理栄養士と栄養教諭の人材育成を目指します。
また、将来を担う中学生・高校生に的確な食教育などを直接指導できる家庭科教員の養成も行います。

取得可能な免許・資格

管理栄養士国家試験 受験資格
栄養士免許
栄養教諭一種免許
高等学校教諭一種免許(家庭)
中学校教諭一種免許(家庭)
食品衛生監視員(任用資格)
食品衛生管理者(任用資格)

学びの特色

小規模校ならではの教育体制
 小規模校である事の利点を最大限に活かしたきめ細やかな教育体制が整っています。例えば、全教員が常に学生一人ひとりの状況を把握し、学習面でのつまずきを早期に発見して迅速に対応することに努めています。このような教育体制により苦手教科を克服し、免許や資格の取得に必要な知識や技能を修得することが可能となります。
地域に貢献できる人材育成
 国民一人ひとりが食に関する知識と食を選択する力を身につけるためには、次世代を担う子どもたちから低栄養のお年寄りの世代まで、一生涯を通じた食育支援が必要です。本学では、東北地域の抱える健康問題を踏まえ、豊かな自然と恵まれた食環境を活かした食育活動を展開していき、健康長寿への導き手となる人材を育成します。
幅広い知識と実践力を養うカリキュラム
 栄養問題の多様化、複雑化に伴い、管理栄養士には、個別の状況に対応できるだけの幅広い専門知識と現状に即した実行力が求められています。本学ではこのような社会の要請に応えるため、学生の目的意識と学習意欲を促すようなカリキュラムを編成し、食と健康のスペシャリストとしての、有能な管理栄養士の育成に努めています。

学科長あいさつ

学部長・健康栄養学科長
加藤 秀夫 教授
 食の宝庫である青森県など東北地区は、なぜか健康寿命が長くありません。この健康課題を解明するのが健康栄養学科の教員と学生の任務です。東北女子大学の栄養学的な特色と専門性は時間栄養学です。食生活、運動、栄養(睡眠)が健康づくりの三本柱でしたが、これからは体調を整える体内時計を中心に、いつ何をどのようにして食べるか、いつ運動をすればよいかを知り、早寝と質のよい睡眠で新しい健康づくりに努めることです。皆さんは健康栄養学を学習するだけでなく、健康づくりを実践できる青森県の星になってください。

Return Top