東北女子大学

栄養教諭

 栄養教諭は食のスペシャリストである管理栄養士と教育の専門家である教師の資質を併せ持つ資格です。栄養教諭の役割は、学校において食育のコーディネーターとなり、指導計画を立案し、継続的な食育の取り組みがなされるようにその力を発揮することです。子どもたちが将来にわたって健康に生活できるように、栄養や食事に関して指導・教育し、食に関する望ましい習慣や自己管理能力を身につけさせることが使命です。

栄養教諭教職課程での学び

 栄養と教育の両分野について深い専門知識を備えた「指導力のある栄養教諭」の養成を行っています。
学校における栄養教育の基礎および理論を学ぶとともに、子どもの発達に見合った教育計画の立案や学習指導案を作成し、模擬授業を通して教育現場での実践力につながるカリキュラムを組んでいます。また4年次の教育実習に向けて、地域の小学校での観察実習を通して子どもの実態を捉えた食育を展開できる教員養成を行います。

栄養教諭としての活躍

 主に小・中学校や給食センターに所属し、給食の献立作りや食材・栄養管理に加え、児童生徒の成長発達やこの時期の心理の特性などに配慮した健全な食習慣についての授業を行います。また、問題を抱えた子どもには食のカウンセラーとして個別相談に応じたり、家庭や地域とも広く連携して「人間を育てる食育」を推進していく重要な役割を果たします。未来を担う子どもたちへの「食育の推進者」としての活躍が期待されています。

Return Top