東北女子大学

管理栄養士


 生活習慣病患者や高齢者が増加する中、食を通した健康支援を管理栄養士が行うことで、人々の疾病予防や介護予防に貢献していくことが求められています。 管理栄養士による健康支援は、個人が健やかに楽しく生きる手助けになるとともに、医療費削減などの社会問題にも大きく影響すると期待されています。 病気からの回復においても、体力を維持し健康で長生きするためにも、「食べる」ことを支える管理栄養士があらゆる世代の栄養管理や栄養教育を担うことが必要なのです。


管理栄養士の役割


 管理栄養士は医療や地域保健、教育等の様々な分野において活躍が期待されています。例えば、医療現場においては医師や看護師、薬剤師等とともに栄養サポートチームとして患者さんのケアを行います。これにより治療効果を高め、合併症を予防し、入院日数を短縮することができます。また、スポーツ栄養マネジメントでは、アスリートのみならずリハビリテーションや体力づくりを考えて運動している方へのサポートも行います。


管理栄養士としての活躍


 病院や福祉施設などの医療現場における栄養管理や栄養指導、地域住民への保健活動、保育所や学校での食育指導、食品会社、薬品会社での商品開発、スポーツ現場での栄養管理など、たくさんの活躍の場が期待されます。このような各分野における管理栄養士の役割は非常に重要であり、社会的ニーズも高まっており、本学は地域に根差した管理栄養士・栄養教諭・食品衛生監視員・食品衛生管理者を目指す皆さんを全力でサポートします。

Return Top